初夏には初夏の地球があるというようなこと

この学校の良さってなんだろうってずっと考えてきた。 そうかそうだったのだ。「初夏には初夏の地球があるというようなこと」を教えてくれる稀有な学校だったのだ。

2012年5月24日
恵泉女学園大学のボーダー花壇はもう初夏だ。
さまざまな学校で、「地球や環境」のことが講じられはじめてずいぶん時間がたつ。 でも、初夏には初夏の地球があるというようなことを、これほど深く当たり前に感じさせてくれるような学び舎は、そんなにあるだろうか。