ファシズムさへも,まだ我慢できる

今日の言葉より
「疑いもなくスペイン人には、とても二十世紀の者とは思えない,心の寛さ、一種の高貴さがある。これあるからこそ、スペインではファシズムさへも,まだ我慢できる,比較的だらしない形をとるのではないか、と希望が持てる。現代の全体主義国家に必要な,呪うべき一枚岩の能率のよさは,スペイン人のもたないものである。」オーウェルカタロニア讃歌からの引用、「特別な一日 読書漫遊 山田稔 
ファシズムさへも我慢ができる心の寛さや高貴さ」えっ,そんなことがありうるなんて、スペインに行きたい!